高校の進路セミナーでお話してきました!

9月20日、富山県立南砺福野高等学校の1年生を対象とした進路セミナーで弁護士の仕事内容ややりがい、なるためのルートについてお話してきました!

このセミナーは、文理選択を控えた1年生の生徒さんを対象に、様々な職種の方がその仕事の内容、やりがいなどについてお話しするというものです。

生徒さんは2種類の職種を選んで40分ずつお話を聴くことができます。

あつまった講師の方々は約15名、職種も看護師や公務員の方からシステムエンジニアや旅行会社勤務の方までさまざま。

他の講師の方々は福野高校のOB・OGや生徒さんの保護者の方が多かったようですが、私は福野高校のOBでももちろん生徒さんの保護者でもなく、富山県弁護士会を通じて呼んでいただきました。

講師は1回40分の同じ内容の話を2回続けてすることになるのですが、「弁護士」の話には、1回あたり12~13人、合計25人くらいの生徒さんが集まってくれました。

想像以上に真面目な生徒さんばかりで、みなさんこちらをじっと見て興味を持ってくれた様子で話を聴いてくれたので、話もしやすく、楽しく話すことができました。

セミナーをおこなった教室から全体集会をおこなう行動まで引率してくれた生徒さんと少しお話もしたのですが、将来は法律系の仕事につくために法学部に進学することを考えている、とのこと。

ひるがえって自分が高校1年生だったころのことを思い返してみれば、理数科だったために文理選択を考えることもなく、将来何の職業につくか、そのためにどんな学部に進学するかもまったく考えていませんでした(^-^;

今の生徒さんは自身の将来のことに関して、早い段階から高い意識を持っておられるなと大変感心しました。

富山県弁護士会では進路セミナー以外にも法と社会との関りや生活と関連する法に関して弁護士を各高校に講師として派遣する事業をおこなっていますが、是非また高校でお話しする機会があればよいなと思いました。

  法律相談お問い合わせ