借金問題(破産、民事再生、住宅ローン再生など)

借金問題月々の借金の返済がご自身の返済能力を超え、どうしても返していくことができなくなってしまった場合、財産と債務を整理して、生活の再建を図る国の仕組みがあります。弁護士がお手伝いいたします。

 

業務内容

  • 借金が多くなりすぎて月々の返済が自分の返済能力を超え、返していくことができなくなってしまった場合、裁判所に「破産」という手続を申立てることで、生活に必要な最低限の財産を残して借金を免除してもらうことができます。
  • 借金を免除してもらうには、借金を返すだけの財産がなく、借金ができてしまった理由もやむを得ないところがある(ゼイタク品を買ったりギャンブルをして借金が増えたわけではない)ということを裁判所に認めてもらう必要があります。
  • また、自分の持ち家である住まいを残しつつ、借金の額を大幅に減らしてもらうという手続もあります(民事再生、住宅ローン再生)。
    • 弁護士に頼むメリット

      • 破産や民事再生を申立てるためには、ご自身の財産や借金、収入に関する資料を整理し、申立書を作成する必要があります。弁護士に依頼された場合は、依頼者様のお話を聴きながら、必要な資料をお伝えさせていただき、弁護士がこの申立書を作成いたします。
      • また、借金を返すだけの財産がないこと、借金が増えてしまったことはやむをえなかったということを根拠を示しながら裁判所に伝えていき、借金が免除されるよう尽力いたします。

      参考費用

      • 破産の申立については、手続にかかる費用として、10万円~30万円を目安として決定させていただきます。なお、借金の免除が裁判所に認められた場合の報酬は原則としていただきません(借金の免除が相当程度困難であることが予想される場合については、事前の取り決めにより報酬を頂戴する契約とさせていただくこともございます)。
        また、申立費用を一度に用意することが難しい方については、積立(申立費用を月々数万円ずつ積立てていただき、積立が完了した時点で申立てる)による申立にも対応いたしておりますので、ご相談ください。
        法律相談お問い合わせ