不動産問題

不動産問題貸している土地の賃借人が賃料を滞納し立ち退いてくれない場合、また逆にきちんと賃料を払っているのに突然地主から立ち退きを求められてしまった場合、弁護士が問題の解決に当たります。

 

業務内容

  • 貸している建物の賃料が支払われておらず、立ち退きを求めたいという場合には、基本的には、裁判をしたうえで、強制執行という手続をおこない強制的に立ち退かせることになります。
  • また逆に、土地を借りてそのうえに店舗を建てている場合に、賃料をきちんと支払っているのに、貸主から突然明渡を要求されるということもあります。
  • 法律上、立ち退きを求められても、明け渡す義務のない場合は多く、そういった場合には、あくまで法律上の権利を主張して立ち退きを拒むか、一定額の立ち退き料を受取って立ち退くのが一般的です。
  • このほかにも、売却した建物に欠陥があったとして、顧客から建物の補修や売却代金の返還を求められることもあり得ます。

弁護士に頼むメリット

  • いずれの場合も、十分な立ち退き料を得たり、返す必要のない代金を返さなくても済むように、弁護士に依頼されることをお勧め致します。

参考費用

※不動産関係事件の着手金・報酬金については、不動産の価値によります。

  法律相談お問い合わせ